憧れのマンション1棟買いで自由に投資を楽しむ

大家さんになるメリット

模型

大家さんになってマンションを経営するのは、ほとんどの人の憧れです。そして実際に実行に移している人も沢山います。マンション経営についての知識がなくても、一括借り上げをしたり、家賃保証契約をしたりすれば空き室リスクを解消できます。

管理会社を選ぶコツ

ウーマン

マンション管理会社は色々とあります。その中でより良い運営のサポートをしてくれる管理会社が良いです。しかし、サービスや運営方法は様々です。なので選ぶ基準となる、おおまかなポイントを紹介いたします。

自由さと安定さ

マンション

権利が自分にある

一戸建てと分譲マンションの場合、一応どちらも家族で住むことができます。庭があるから一戸建てがいいとする人もいますが、それ以外に自由度が高い点も挙げられます。基本的にリフォームで制限を受けることはありません。マンション投資をするときに、マンション1棟買いか区分買いかがあります。区分買いは分譲マンションを買うのと同じです。資金は住宅を買う程度で済みますが、リフォームなどは自由に行えません。マンション1棟買いの場合は、一戸建てに近い管理ができます。物件の所有者はすべて自分自身なので、どんなリフォームをしようと自分の自由にできます。建て替えなどをするときにも自分の判断で行えます。価値を維持し続けるための改良も可能です。

空室リスクを減らせる

建物を用いた不動産投資の場合、経年劣化があります。物は使うことによっても劣化しますが、時間が経過することでも劣化します。使わなくても時間が経てばどんどん劣化が進みます。区分マンションへの投資の場合、常に入居者がいれば家賃収入が得られます。しかし、入居者がいなければ全く収入が得られない状態になります。マンション1棟買いの場合は、よほどのことがない限りは全室が空室になることはありません。ですから、何らかの賃料を受けることが出来ます。マンション1棟買いで運営をすると、家賃シミュレーションなども行いながら運営ができます。人気のある部屋は高めにして、入居がされにくいところは安めにするなどトータルで利益が出るように家賃設定ができます。

投資を成功される方法

グラフと模型

マンション投資は、現物資産を手に入れることが出来ますので、リスクの少ない投資といえます。また、人気のマンションならば、価値の目減りがしにくいのも特徴ですので、確実に収入を得ることが出来ます。投資を成功されるためには、人気のマンションを購入することが近道です。

このエントリーをはてなブックマークに追加